« 2010年04月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月16日

●HD&Buell BattleField in Suzuka



blpg-3.JPG



行ってきました!



鈴鹿サーキット!!



凹まされてきました!!!



 



 



blog-1.JPG



まぁ、何とかなるでしょと思っていました(実は・・・)



はっきり言ってなめていました。



自分がサーキット走行自体、数年ぶりだということもすっかり忘れていました。



なにせ、前日の練習走行も仕事で行けなかったわけですから、



その数年ぶりの走行がいきなり当日の予選とあって、



まともに走れたら、それはゼッケン№が語るとおり“スペンサーの再来”と言われて当然でしょうが・・・



所詮私も普通の人です。



練習不足がそのまま結果につながる訳ですよ(苦笑)



 



 



 



 



blog-2.JPG



この写真はHDJが用意した、XB-RRとXB1125Rです。



乗り手もさすがですし、バイクも速い・・・



それこそ時代が違うとはいえ、当時のGP500と同じようなタイムで走れてしまうところは驚異です。



当時、かの有名なバイク少年のバイブル“バリバリ伝説”の天才ライダー巨摩郡に



『ロケットのような加速と路面に吸い付くようなコーナリング』と言わしめた性能が目の前で見れるというのは贅沢な話です。



今や、ナンバーつきの車両ですらそれをも凌駕する性能を持ったオートバイのなんと多いことでしょうか?



当日のメインイベントの“鈴鹿300km”に出ている車両はそれの最たるもので、



スタートから1コーナーへのアプローチを見ていると鳥肌ものです。



blog-5.JPG



ま、そんなこんなで私のへっぽこな走りの写真を、今回サポートしていただいた



大変忙しいT村氏に撮影していただきました。



結果だけ見ると非常に残念ですが、



このXR1200Xをサーキットで走らせる事の課題が良くわかりました。



しかし、



久しぶりに走ったサーキットはやっぱり楽しいものでした。 



次は7月に岡山国際サーキットに走りに行きたいなぁと考えています。



さぁ、それまでに今回の宿題をしっかりしないと・・・


2010年06月09日

●H-D & Buell バトルフィールド



この週末に鈴鹿サーキットで開催される“鈴鹿300kmロードレース”の併催イベントの“H-D & Buell Battle Field ”があります。



 今までサポートなどで参加したことはありましたが、走る側として参加したことがありませんでした。



最近サーキットもご無沙汰なので、出てみようかなと軽い気持ちで参加することになりました。



なにせ、急に決めたものですからXR1200Xの準備も何も・・・



ま、あんまり肩肘張らずに参加できるストリートクラスでのエントリーとなりました。



改めてレギュレーションを見てびっくりしましたが、ヘッドライトやテールレンズだけでなくナンバープレートも付けたままでないと参加できないそうです。



これはできるだけ一般の方が普段乗っているオートバイで楽しんでもらいたいという開催側の思いなんでしょうね。



とは言うものの当日の決勝はオープンクラスと混走でしょうからXB-RRやXB125Rなんかが一緒に走るわけで・・・ま、乗っている人が上手な人なので適当にかわしてくれるでしょう。



私は久しぶりのサーキットを楽しんできます。